2015年01月10日

遠藤関が出ている永谷園のCMに切り出し七輪登場

皆さん大相撲はお好きですか?

今の大相撲人気を高めた役者の一人が、石川県出身の遠藤関といっても過言ではないと思いますが(能登空港の搭乗率アップにも貢献してるでしょうし^^;)、

年末テレビを見ていたら、永谷園のコマーシャルに遠藤関が出ていて、しかも切り出し七輪が登場していました。

写真を撮ろうとしたのですが、間に合わず、永谷園のHPを見れば出ているかなあと見てみたのですが、見つけられなかったので、こちらの方のブログからどうぞ。

お茶漬けに、七輪であぶったメザシを組み合わせた構成。

どなたが作られたのか知りませんが、素晴らしいセンスです(^^;)

ちなみに遠藤関は、能登は穴水町のご出身。牡蠣の産地であり、長さ400メートルにも及ぶコンロが並ぶかきまつりが行われています。

そもそも能登は相撲が盛んな土地柄で、こちら珠洲でも市内の小学校すべてに土俵があったという(現在はどうか知らないのですが)くらい。そういう私も小学校の頃まわしを巻いて相撲の授業を受けたような遠い記憶があります。

今も、幕下ではありますが宝龍山、駿馬と新聞の郷土力士のコーナーには出身が(珠洲)として表示されている力士がいらっしゃいます。(お隣能登町にもいらっしゃるのですが、名前まで知らないので。すいません)

大相撲の時期ともなれば、BSの相撲中継に釘づけでやたら力士情報に詳しいというおばあちゃんもいたりして。(それにしても、相撲や高校野球とどこどこ出身という地元びいきがある一方で、越境があったりするのは面白い部分です)

ところで、遠藤関やCM製作者の方は、あのコンロクリームの色で、真鍮が巻かれた珪藻土の切り出し七輪は、日本で唯一、能登の珠洲でしか作られていないということは、ご存じだったでしょうか。そのあたりがちょっと気になるところ。

ちなみに、あの七輪は、当社製でないようなのは、相変わらずのパターンで^^;なんなのですが、

ぜひ、干物をあぶって、もちろん永谷園さんのお茶漬けで、炭火に親しんでもらえればと思います。

今年は遠藤関、どこまで番付を上げられるでしょうか。11日からの一月場所が楽しみです。

当社の七輪。
まだまだ餅の季節。餅や干物をあぶるにはちょうどいいサイズです。
餅がおいしい切り出し七輪

切り出し七輪・こんろの能登ダイヤ工業株式会社



posted by web担当者 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110231716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック