2015年02月02日

能登の方言

先日、お世話になっているラブロ恋路さんで使われている袋に、能登の方言が書かれているものを見ました。

なんせ、自分のまわりには、バリバリの使い手である後期高齢者がずらりなので、生きた表現には事欠かない毎日。普段ごく当たり前に使っている言葉や、意味が想像できる言葉ばかりでしたので、改めて方言で生活しているなあ〜と感じた次第。(今の若い人はわからない表現がほとんどでしょうけどね)
「方言は地域の文化である」と聞きますが、自分も文化の伝承者の一人?と思うと気恥ずかしいです。

ところが、こんな私でも意味の分からない言葉も。「まいびり」や「ぼぼさ」は聞いたことがありませんでした。
(ネットで調べてみるとこうした方言に興味を持つ方は、結構いらっしゃるらしく、珠洲にもこんなサイトが。(この方は、七輪も使っておられました。ありがたいですね。)耳で聞かれたものをまとめられたのでしょうか。大変な労作です。)

きっと、同じ能登でも地域性があるためなんでしょう。(単にうちの家族が使わないだけ?)

さて、このラブロ恋路さんの袋、使ってもいいよという話だったそうで、今回、とりあえず切り出しこんろに貼ってみました。
能登の方言貼りこんろ試作

私たちが例えば東北弁を聞いて、どんな意味?と不思議に思うように、初めて能登の方言に触れる方にとって
面白いなあ〜と思ってもらえればうれしいし、地元の人にも、これ聞く聞く、これ使う使う!と思ってもらえれば楽しいです。

ただ、文字だけでは伝わらないのがイントネーション。
NHKの「まれ」も始まることですし、テレビで予習して、北陸新幹線に乗って、ぜひ現地で地元の人が話す言葉を確認してもらえればうれしいです。

ちょっこし、でたったら、よってくだしけの。

(意識して書こう、話そうとすると出てこないのが不思議です。普段は方言まるだしなのに^^;)


切り出し七輪・こんろの能登ダイヤ工業株式会社


posted by web担当者 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113045100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック